×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーちすと アーチスト 固有名詞

手引/あーちすと アーチスト 固有名詞

手引/あーちすと アーチスト 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーちすと アーチスト 固有名詞

訳ありクーポン
さくら水産 クーポン
とりどーる クーポン
クーポン券 作成
まるごとクーポン
うたひろ クーポン
野沢温泉スキー場 クーポン
リトルワールド クーポン
奥伊吹 クーポン
とりあえず吾平 クーポン
品川近視 クーポン
歌広場 クーポン
歌広 クーポン
あさくま クーポン
ディズニー クーポン
ディズニーランド クーポン
安楽亭 クーポン券
すみれの湯 クーポン
ピザーラ メニュー クーポン
としまえん クーポン
豊島園 クーポン
ロッテ免税店 クーポン
とくするクーポン
大戸屋 クーポン
ぐりんぱ クーポン
グラッチェ クーポン
花やしき クーポン
ジャンカラ クーポン
ピザハット クーポン 割引
藍屋 クーポン
整体 クーポン
鷲ヶ岳 クーポン
ステーキ宮 クーポン
宮ステーキ クーポン
きんのぶた クーポン
アース 美容室 クーポン
ととやみち クーポン
カラ館 クーポン
パセラ クーポン
丸沼高原スキー場 クーポン
クーポンの国

ピラミッド 450


手引/
あーちすと アーチスト 固有名詞









手引/
あーちすと アーチスト 固有名詞



ストラボン

現在はトルコ領となっている小アジア北部のアマセイア(現:アマスィヤ)の裕福な家庭に生まれる。当時ローマの領土内であった。最初は小アジアのニュサに学び、後にローマにて哲学と地理学を学んだ。

哲学の立場としては、アリストリレス派、後にストア派になり、政治的には、ローマ帝国を支持していた。

ローマや古代ギリシアやクシュなど地中海沿岸各地に旅行を行い、その見聞を元に17巻からなる『地理書』(Geographica)を示した。(多くは現存している)この著の完成時期は不明であるが、記載内容からティベリウスの治世の時に多くは書かれたものと推測されている。この著作は、地中海沿岸の都市の詳細な叙述で知られ、地域の記載のみならず歴史やその都市の伝説にまで触れて、当時の歴史・地理を知る上で重要な書物である。23年頃にアマセイアにて没している。没年は紀元21年という説もある。

一方で「地理書」を上回る全47巻からなるとされる「歴史」はほとんど散逸してしまい、現存しているのはイタリア・ミラノ大学所有のごく一部の断片にしか過ぎない。

古代ローマ時代のギリシア系の地理学者・歴史家・哲学者。全17巻から成るギリシャ語で書かれた”Geographica”「地理書」(または地理誌、Γεωγραφικ?, Ge?graphika)で知られる。この大著は、当時の古代ローマの人々の地理観・歴史観を知る上で重要な書物となっている。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。