×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーすれなん アースレナン 固有名詞

手引/あーすれなん アースレナン 固有名詞

手引/あーすれなん アースレナン 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーすれなん アースレナン 固有名詞

シズラー クーポン
ウェンディーズ クーポン
マザー牧場 クーポン
焼肉屋さかい クーポン
サッポロビール園 クーポン
吉野家 クーポン
共同購入型クーポンサイト
ラーメン博物館 クーポン
ステーキのどん クーポン
ロータスクーポン
アイシティー クーポン
首里城 クーポン
鎌倉パスタ クーポン
グループクーポン
すき家 クーポン
ドコモ 割引クーポン
格安クーポン
フォルクス クーポン
つぼ八 クーポン
長次郎 クーポン
はるやま クーポン
まつげエクステ クーポン
au クーポン
まつげパーマ クーポン
お得なクーポン
アドベンチャーワールド 割引 クーポン
千年の宴 クーポン
花の舞 クーポン
スイーツパラダイス クーポン
big echo クーポン
アイシティ クーポン
大江戸温泉物語 クーポン
太秦映画村 クーポン
道頓堀 お好み焼き クーポン
青山 クーポン
モスバーガー クーポン ダウンロード
ファーストフード クーポン
上越国際 クーポン
玄品ふぐ クーポン
ファンタジーキッズリゾート クーポン
クーポンの気質

ピラミッド 450


手引/
あーすれなん アースレナン 固有名詞









手引/
あーすれなん アースレナン 固有名詞



ベオグラード

ベオグラードは標高116.75メートル、ドナウ川とサヴァ川の合流地点、東経20°27'44"、北緯44°49'14" にある。ベオグラードの歴史的な中核は、両河川の右岸に位置しており、今日のカレメグダン地区(Kalemegdan)にあたる。19世紀以降、町は南および東に拡大し、第二次世界大戦以降にサヴァ川の左岸にノヴィ・ベオグラード(Novi Beograd)が建設され、ゼムンはベオグラードに統合された。ドナウ川の対岸にある小規模な、主として住宅地であったクルニャチャ(Krnja?a)やオヴチャ(Ov?a)等もまたベオグラードに統合された。市域の面積は360平方キロメートル、都市圏の面積は3223平方キロメートルに達する。歴史を通じ、ベオグラードは西洋と東洋をつなぐ主要な交易路の上にあった。

サヴァ川右岸にあるベオグラード中心部は丘陵地帯であり、またベオグラード域内で最も標高の高い地点はトルラク丘(Torlak)で標高303メートルである。街の南にはアヴァラ山(Avala、標高511メートル)、コスマイ山(Kosmaj、標高628メートル)がある。サヴァ川およびドナウ川に沿った一帯では地形は平坦であり、沖積平野やローム台地を形成している。

新石器時代のスタルチェヴォ文化(Star?evo)、ヴィンチャ文化(Vin?a)はベオグラード付近で発達し、7000年ほど前にバルカン半島一帯および中央ヨーロッパやアナトリア半島の一部を支配した。有史以前に見られる古ヨーロッパ文字(ヴィンチャ文字)は最古のアルファベットであるとする見方もある。数世紀の後、ギリシャのアルゴナウタイは、カウリアク(Cauliac)と呼ばれた古代のベオグラードに黒海からドナウ川をさかのぼって到達し、サヴァ川を発見している。紀元前4世紀にはケルト人の部族・スコルデスキ(Scordisci)が居住し、町はシンギドゥン(Singid?n)と呼ばれた。町は紀元後1世紀にローマ化され、シンギドゥヌム(Singidunum)と呼ばれた。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。