×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーすこぐしょうこうぐん アースコグ症候群 名詞

手引/あーすこぐしょうこうぐん アースコグ症候群 名詞

手引/あーすこぐしょうこうぐん アースコグ症候群 名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーすこぐしょうこうぐん アースコグ症候群 名詞

マックの携帯クーポン
けん クーポン
岐阜 クーポン
岡山 クーポン
金沢 クーポン
万葉倶楽部 クーポン
情熱ホルモン クーポン
はなの舞 クーポン
スイパラ クーポン
夢庵 クーポン
さと クーポン
ひな野 クーポン券
彫刻の森美術館 クーポン
バーガーキング クーポン
earth クーポン
ドトール クーポン
なばなの里 クーポン
とんでん クーポン
びっくりドンキー クーポン券
鳥羽水族館 クーポン
ロッテ クーポン
スタジオマリオ クーポン
クーポン 和食
コナカ クーポン
ジョリーパスタ クーポン
オールクーポンジャパン
札幌ビール園クーポン
コストコ クーポン 入手
ユニバーサルスタジオジャパン クーポン
幸楽苑 クーポン
マック 携帯クーポン
トイザらス クーポン
無料クーポン券
よみうりランド クーポン
ソウルナビ クーポン
埼玉 クーポン
万葉の湯 クーポン
オトクーポン
お好み焼き 道頓堀 クーポン
マック クーポン 無料
クーポンの雨

ピラミッド 450


手引/
あーすこぐしょうこうぐん アースコグ症候群 名詞









手引/
あーすこぐしょうこうぐん アースコグ症候群 名詞



エディルネ

エディルネは先史時代から人類が居住してきた非常に古い歴史をもつ町である。古代ローマ時代にはウスクダマ(Uskadama)あるいはオレスティス(Orestias)と呼ばれるトラキア人の町で、紀元前2世紀にローマに征服された。紀元125年、ローマ帝国の皇帝ハドリアヌスはバルカン支配の拠点としてこの町に目をつけ、四角の城壁に囲まれたローマ都市を整備してハドリアノポリス(ハドリアヌスの町)と命名した。この町の名として広く知られるアドリアノープルは、ハドリアノポリスの英語形である。

ゲルマン人がローマ帝国領内への南下を激しく行うようになるとこの町は帝都コンスタンティノポリス防衛の最前線となり、378年に行われたハドリアノポリスの戦いではウァレンス帝が西ゴート族に敗れて戦死した。その後もハドリアノポリスは東ローマ帝国の重要拠点であったが、6世紀にはアヴァール、10世紀にはブルガリア帝国の侵攻を受けるなど、たびたび戦乱にさらされた。1204年には第四回十字軍によって占領され、西欧人の手に落ちる。その後、東ローマ帝国が奪還するものの、1362年頃にオスマン帝国のムラト1世によって征服された。

エディルネはオスマン帝国にとってもバルカン征服の前進拠点であるソフィアやベオグラードに繋がる幹線道路の通り道であったことから政治的・経済的・軍事的に重要視され、ムラト1世は征服からまもなく1365年にこの町に宮殿を築いて帝国の首都とした。オスマン帝国は旧来の手狭な市壁を越えて市街地を拡張し、モスクやキャラバンサライなどイスラム都市としてのインフラ整備を行ってムスリム(イスラム教徒)の移住を促進した。その結果、オスマン帝国下のエディルネでは旧来の主要な住民であるブルガリア人に加えてトルコ人人口が増加し、数多くのモスクが建設されるようになる。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。