×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーきんじょう アーキン錠 固有名詞

手引/あーきんじょう アーキン錠 固有名詞

手引/あーきんじょう アーキン錠 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーきんじょう アーキン錠 固有名詞

ヘアサロン クーポン
どん クーポン
どん亭 クーポン
千葉 クーポン
餃子の王将 クーポン
レンタカー クーポン
ジョナサン クーポン
がってん寿司 クーポン
スタジオアリス クーポン
タクシークーポン
リクルート クーポン
道頓堀 クーポン
串屋 クーポン
焼肉 さかい クーポン
花鳥園 クーポン
クーポンランド ネイル
梅田 クーポン
焼肉キング クーポン
焼肉きんぐ クーポン
焼き肉きんぐ クーポン
串家 クーポン
macdonald クーポン
プライスコンタクト クーポン
ピザーラ クーポン 割引
江ノ島水族館 クーポン
しゃぶしゃぶ温野菜 クーポン
温野菜 しゃぶしゃぶ クーポン
サブウェイ クーポン
subway クーポン
割引クーポン券
ドン・キホーテ クーポン
カプリチョーザ クーポン
串家物語 クーポン
ナンジャタウン クーポン
恵比寿 クーポン
ブロンコビリー クーポン
吉祥寺 クーポン
スキー場 クーポン券
マック ケータイクーポン
usj クーポン
クーポンの目

ピラミッド 450


手引/
あーきんじょう アーキン錠 固有名詞









手引/
あーきんじょう アーキン錠 固有名詞



トラキア

古代ギリシア時代のトラキア(古代ギリシア語で「トラケー」Θρ?κη、ラテン語で「トラキア」Thracia)にはインド・ヨーロッパ語族に属する言語を話すトラキア人と呼ばれる民族が住んでおり、独自の文化が栄えた。彼らは様々な小部族に分かれていたが、南のギリシアから様々な影響を受けて国家を形成することもあった。 近年、特にブルガリア領内でトラキア時代の遺跡発掘が進み、黄金文明と呼べるほど大量かつ精巧な金細工が発見されている。

紀元前6世紀頃からトラキア地方にはギリシア人の植民都市が建設されたが、ペルシアのアケメネス朝が領域を広げると大部分はその支配下に入った、紀元前4世紀に西のマケドニア王国によって征服された。その後、一時独立を回復するも、南部は共和政ローマに支配され、ほぼ現在のブルガリアに含まれる北部もローマ帝国、東ローマ帝国の支配を受けた。キリスト教が広まるとともに、スラヴ人が侵入して言語的にはブルガリア語とギリシャ語が主流になっていった。また、4世紀からトラキアの東端部にあるビュザンティオンがローマ帝国の新首都コンスタンティノポリスとなったことからトラキア地方は首都近郊の重要な地域となった。

一時はブルガリア帝国によって大半が支配されることもあったが、14世紀以降ガリポリ(ゲリボル)からダーダネルス海峡を渡ってきたオスマン帝国の勢力が浸透し、東ローマ帝国のトラキア地方における中心都市アドリアノープルはオスマン帝国の都エディルネとなった。オスマン支配のもとではトルコ語を話すムスリム(イスラム教徒)が大挙して住み着くようになり、民族的・宗教的な混交・混住がさらに進んだ。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。