×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーるぶりん アールブリン 固有名詞

手引/あーるぶりん アールブリン 固有名詞

手引/あーるぶりん アールブリン 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーるぶりん アールブリン 固有名詞

群馬県 内職
埼玉県 内職募集
内職 秋田
内職 東大阪
内職 長野県
仕事 内職 手作業
ハローワーク 内職斡旋
内職 兵庫県
千葉市 内職
内職 アンケート
札幌 内職募集
名古屋市 内職募集
内職 アフィリエイト
アフィリエイト 内職
宮城県 内職
江戸川区 内職
内職 江戸川区
新潟市 内職
内職 確定申告
内職 奈良県
内職 栃木県
内職 イラスト
高知 内職
足立区 内職
内職 月収
静岡市 内職
浜松市 内職
内職 浜松市
ネット内職 被害
cad 内職
家庭内職
宇都宮 内職
内職 宇都宮
豊田市 内職
内職 豊田市
ハローワークインターネットサービス 内職
愛媛県 内職
内職 soho
soho 内職
口コミ在宅内職
内職 八尾

ピラミッド 450


手引/
あーるぶりん アールブリン 固有名詞









手引/
あーるぶりん アールブリン 固有名詞



ドーズ案

ドーズ案は賠償金額を削減するものではなく、ドイツの経済力を考慮して年間の支払額を10億マルクにまで引き下げ、段階的に支払額を引き上げ、5年後には当初通り25億マルクを支払うというものであった。さらに、いわゆる「ドーズ公債」を起債することで資本を集め、米国の民間資本をドイツへ流入させることでドイツ経済の回復を図った。

なお、当初多大な賠償額が必要となったのは、英仏を中心とする戦勝国が第一次世界大戦によってアメリカに債務を負うことになり、その支払いを行うという側面もあり、この案によってアメリカの資金回収方式が変わった、というように見ることもできる。

このドーズ案の受け入れによりルール占領が解消されただけでなく、米国資本の投下によってドイツ経済や国内事情の再構築・合理化の基礎を作っていくきっかけとなる。しかし、それでもドイツにとって賠償金の負担は大きく、のちのヤング案の作成につながることになる。

1919年5月に締結されたヴェルサイユ条約では、アルザス・ロレーヌ地方のフランスへの割譲をはじめとする領土の縮小、軍備制限など、ドイツにとって非常に厳しい内容であった。とりわけ、当時のドイツのGNP20年分相当の1320億金マルクという苛烈な賠償金はドイツ経済を逼迫させていた。

1923年にドイツの賠償金未払いを理由に、フランス・ベルギー軍がルール地方を占領した(ルール占領)。ドイツ側は生産停止で対抗したものの、同時に賃金は払われたので、マルクの価値は数年前の1兆分の1に暴落し、ハイパーインフレーションに陥った。これによりアドルフ・ヒトラーによるミュンヘン一揆が発生するなど、国内事情は急激に危機に陥る。インフレーションはレンテンマルクの発行により奇跡的に収まったものの、まだまだ安定しているとはいえない状況にあった。これを見かねて、ドーズを委員長とする特別委員会により新賠償方式が作られることとなった。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。