×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーめすなんこう アーメス軟膏 固有名詞

手引/あーめすなんこう アーメス軟膏 固有名詞

手引/あーめすなんこう アーメス軟膏 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーめすなんこう アーメス軟膏 固有名詞

内職 さいたま市
ハローワーク 内職 求人
内職 副収入
内職 在宅ワーク データ入力
内職 データ入力 在宅ワーク
内職 北海道
北海道 内職
内職 三重
大阪府 内職
縫製 内職 募集
メールで内職
メール内職
石川県 内職
手作業内職 ハローワーク
内職 手作業 ハローワーク
ハローワーク 内職 手作業
内職募集掲示板
仕事探し 内職
内職とは
山形 内職
内職 京都市
内職 浜松
内職 在宅ワーク 副業
安心 内職
徳島 内職
携帯内職
携帯で内職
内職携帯
内職 在宅ワーク 求人
福岡市 内職
内職さん募集
宛名書き 内職
内職 宛名書き
札幌市 内職
シール貼り 内職 詐欺
豊橋 内職
内職 豊橋
内職 札幌市
茨城県 内職
内職 茨城県
内職 大正区

ピラミッド 450


手引/
あーめすなんこう アーメス軟膏 固有名詞









手引/
あーめすなんこう アーメス軟膏 固有名詞



ラインゴルト (列車)

第一次世界大戦以前は、ドイツ帝国とスイス、イタリアを結ぶ列車は、のちのラインゴルトの経路であるライン右岸のバーデン大公国経由ではなく、当時はドイツ帝国領であった左岸のエルザス(現フランス領アルザス)経由を主としていた。1901年に運行を開始したフーク・ファン・ホラント - バーゼル間の昼行急行D164/163列車はラインゴルトの前身ともいえる列車であるが、上部ライン地域においてはビンガーブリュックから南下しノイシュタット、シュトラスブルク(ストラスブール)を経由していた。この列車にはフリッシンゲン-バーゼル間、アムステルダム - ミラノ間などを直通する客車も連結されていた。

第一次世界大戦の終戦後、ドイツでは経済の混乱やフランス、ベルギーによるルール占領などのため、列車の運行には困難な状況が続いた。1924年のドーズ案受諾とドイツ国営鉄道会社(Deutsche Reichsbahn-Gesellschaft, DRG)の発足により鉄道は安定を取り戻した。国際列車の運行に関しては、大戦前に列車を運行していた国際寝台車会社(ワゴン・リ)と、大戦中にワゴン・リの路線網を奪う形で設立された中央ヨーロッパ寝台車食堂車会社(ミトローパ)の間で対立があったが、1925年に両社とドイツ国営鉄道の間で協定が成立し、ドイツとオランダなどの間の列車はミトローパの担当とされた。

1925年夏からは、オランダのナイメーヘンとスイスのバーゼルを、クレーフェ、ケルン、ヴィースバーデン、マインツ、ルートヴィヒスハーフェン、マンハイム、カールスルーエを経由して結ぶ長距離急行列車 FD164/163列車が運行されている。

ドイツ国営鉄道は、01形機関車に始まる標準化された蒸気機関車の製造を進める一方で、豪華客車を利用した旅客列車を計画した。このような列車を運行する路線として最初に選ばれたのが、ケルンとマンハイムの間のライン川に沿う景勝区間である。これを南北に延長し、北はオランダ、南はスイスに至る列車としてラインゴルトは構想された。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。