×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーてん アーテン 固有名詞

手引/あーてん アーテン 固有名詞

手引/あーてん アーテン 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーてん アーテン 固有名詞

牛庵 クーポン
上海柿安 クーポン
カラ鉄 クーポン
庄屋 居酒屋 クーポン
札幌 美容室 クーポン
クーポンランド グルメ
プロント クーポン
すたみな太郎 クーポン券
神戸クリニック クーポン
フライングガーデン クーポン
居心伝 クーポン
不二家 クーポン
海遊館 クーポン
焼肉 あみやき亭 クーポン
ざうお クーポン
乗鞍高原温泉スキー場 クーポン
鷲ヶ岳スキー場 クーポン
やる気 クーポン
白馬五竜 クーポン
奈良健康ランド クーポン
ガスト クーポン券
フームークーポン
山河の湯 クーポン
コスモワールド クーポン
ラフィネ クーポン
ピソリーノ クーポン
咲楽 クーポン
神立高原スキー場 クーポン
ここち湯 クーポン
ベッカーズ クーポン
グラッチェガーデンズ クーポン
あかねの湯 クーポン
やるき茶屋 クーポン
トマト&オニオン クーポン
マック クーポン 0円
ガスト クーポン 宅配
スパリブール クーポン
カルビ大将 クーポン
11cut クーポン
ぐるめ亭 クーポン
クーポンの精霊

ピラミッド 450


手引/
あーてん アーテン 固有名詞









手引/
あーてん アーテン 固有名詞



ティベリウス・センプロニウス・ロングス

ティベリウス・センプロニウス・ロングスは、共和政ローマの第二次ポエニ戦争期の政治家・軍人。紀元前218年にプブリウス・コルネリウス・スキピオとともに執政官(コンスル)を務め、ハンニバルの進攻を阻止しようとした。

紀元前218年にコンスルに任命されたセンプロニウスはアフリカに赴き、同僚のスキピオはハンニバルの行動を牽制するためにヒスパニアに赴き、シチリア島のリリュバエウム(現:マルサーラ)より出立、マルタ島を攻略する。しかしながらその直後に同僚コンスルのスキピオがティキヌスの戦いでハンニバルに敗北、自身も負傷し、元老院はセンプロニウスを援軍として送る。到着後、センプロニウスはスキピオと対立し、ハンニバルに対して果敢に攻めるが、トレビアの戦いで敗北する。センプロニウスと彼の配下の10,000人はハンニバルの弟マゴ率いるカルタゴ軍の包囲を受けながらもカルタゴ軍の後陣を突破、からくも脱出する。

紀元前217年1月にはセンプロニウスはコンスルの選挙を見届けるためにローマに帰還、コンスル職をガイウス・フラミニウスに委譲し、すぐにローマ軍の冬営地に戻った。紀元前215年にはハンノの率いるカルタゴ軍と交戦、南イタリアのカルタゴ勢力をカラブリア州へ追い出し、ルカニアの都市を再びローマの配下にするきっかけを作った。

同名の彼の息子、ティベリウス・センプロニウス・ロングスも父と同様コンスルとなり、ガリア地方を治めた。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。