×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞

手引/あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞

手引/あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞

矢場とん クーポン
六甲山牧場 クーポン
ナポリの窯 クーポン
うおや一丁 クーポン
うたうんだ村 クーポン
川場スキー場 クーポン
極楽湯 和光 クーポン
極楽湯 多摩センター クーポン
すしおんど クーポン
にぎりの徳兵衛 クーポン
めいほうスキー場 クーポン
マリノ クーポン
福岡 美容室 クーポン
スキージャム勝山 クーポン
にぎり長次郎 クーポン
村さ来 クーポン
猪苗代スキー場 クーポン
柿安三尺三寸箸 クーポン
寿し常 クーポン
港北の湯 クーポン
サブリナフェア クーポン
しゃぶ菜 クーポン
焼肉 牛角 クーポン
テキサスバーガー クーポン
暖龍 クーポン
earth 美容院 クーポン
スカイスパ クーポン
トニーローマ グアム クーポン
のとじま水族館 クーポン
かに道楽 クーポン券
かぐらスキー場 クーポン
くいどん クーポン
フェスタガーデン クーポン
イーノ クーポン
丸源ラーメン クーポン
揚州商人 クーポン
auケータイクーポン
朝鮮飯店 クーポン
七輪房 クーポン
がんこ炎 クーポン
クーポンの特命

ピラミッド 450


手引/
あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞









手引/
あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞



ヌミディア

第二次ポエニ戦争では、東の王であるガイア(あるいはガラ)はカルタゴと同盟を結んでハンニバルの遠征軍に騎兵を提供し、共和政ローマと戦った。他方、西のシュファクスは、ローマと同盟を結んでいた。

ところが紀元前206年、東のガイアが没すると、西王国のシュファクスが東を併合した。ガイアの息子であるマシニッサは、カルタゴ領のイベリア半島でローマのスキピオ・アフリカヌスと戦っていたが敗れ、本国を失ったのでスキピオの軍門に降った。これに対して、シュファクスはローマから離反してカルタゴと同盟を結んだ。

紀元前204年、スキピオ率いるローマ軍がカルタゴ本国を攻めるために北アフリカに上陸して、カルタゴ・ヌミディア同盟軍を破り、ヌミディアを制圧した。シュファクスはローマの捕虜となり、マシニッサが統一ヌミディアの王として即位した。ザマの戦いでは、マシニッサはスキピオ麾下ローマ軍の支援軍として右翼の騎兵隊を指揮して、ハンニバルのカルタゴ軍を破ることに貢献した。なおこのとき、マシニッサが撃退したカルタゴ軍左翼もヌミディア騎兵であった。

後世のアッピアノスが伝えるところによれば、マシニッサが没した紀元前148年には、彼の領土は西隣はマウレタニア、東隣はカルタゴ、さらに東端はキュレナイカにまで達したという。すなわち、カルタゴを南側から包囲した形になったわけである。

マシニッサの後継者となったミキプサが紀元前118年に死去すると、3人の後継者が跡目を争うこととなった。即ち、アドヘルバルとヒエンプサル(1世)、ユグルタであり、紀元前112年までにユグルタは他の2人との争いに勝利して、ヌミディア王となった。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。