×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーつぇー アーツェー 固有名詞

手引/あーつぇー アーツェー 固有名詞

手引/あーつぇー アーツェー 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーつぇー アーツェー 固有名詞

スターバックス クーポン
神戸花鳥園 クーポン
エンターモーション モバイルクーポン
エチュードハウス クーポン
福福屋 クーポン
京都 マッサージ クーポン
世界の山ちゃん クーポン券
ユニバーサルスタジオ クーポン
リゾ鳴尾浜 クーポン
舞浜ユーラシア クーポン
ピザカリフォルニア クーポン
王将 クーポン券
長崎 観光 クーポン
すしざんまい クーポン
ジェルネイル クーポン
野の葡萄 クーポン
ハワイアンズ クーポン
風来坊 クーポン
松本平太郎美容室 クーポン
富士急 クーポン
クーポンランド 美容院
movix クーポン
名古屋水族館 クーポン
自由空間 クーポン
ハンバーグ大魔王 クーポン
得するクーポン
東武ワールドスクエア クーポン
小樽食堂 クーポン
まねきねこ クーポン
岩盤浴 クーポン
ババガンプシュリンプ クーポン
スポッチャ クーポン
焼肉小倉優子 クーポン
ドムドムバーガー クーポン
備長扇屋 クーポン
マクドナルドクーポン券
アルツ磐梯 クーポン
ガーラ湯沢 クーポン
はいから亭 クーポン
八景島シーパラダイス クーポン
クーポンの幸

ピラミッド 450


手引/
あーつぇー アーツェー 固有名詞









手引/
あーつぇー アーツェー 固有名詞



カンナエの戦い

紀元前218年、アルプス山脈を越えてイタリア半島に侵入したカルタゴの将軍ハンニバルは、トレビア川の戦い、トラシメヌス湖畔の戦いで、ローマ軍に甚大な被害を与えた。ローマの元老院は、急遽ファビウス・マクシムスを独裁官に任命し、戦力を再編する時間を稼ぐことにした。ファビウスは、ハンニバルとの決戦を巧妙に避け、持久作戦を展開してカルタゴ軍の消耗を待った。

しかし、ハンニバルによってイタリア全土が略奪にさらされると、ファビウスのそうした姿勢は臆病だと指摘され、決戦を望む声が湧き起こった。これを受けてローマの元老院は、ファビウスの任期が切れると同時に、ルキウス・アエミリウス・パウルスとガイウス・テレンティウス・ウァロの両名を執政官に任命し、積極策に転じた。

両執政官は、約80,000名の軍団を率いてハンニバルの迎撃に向かった。パウルスはハンニバルとの正面対決を避けるべきだと主張していたが、ウァロは決戦を望んでいた。紀元前216年8月2日、南イタリアのアプリア地方のカンナエ付近で、ローマ軍とハンニバル率いるカルタゴ軍約50,000名が対峙、当日の最高指揮官であるウァロが決戦を挑んだため、カンナエの戦いが生起した。

ローマ軍は10,000名を野営地の警備に残し、残りの70,000名を戦場に展開させた。布陣は主力である重装歩兵を中央に置き、その前面に軽装歩兵を展開、右翼をローマ騎兵、左翼を同盟国騎兵が固める配置であった。その作戦意図は重装歩兵による中央突破にあり、そのために各中隊(マニブルス)の間隔を狭くして戦列中央を厚くしていた。中央の指揮は前執政官(プロコンスル)のセルウィリウスが担当し、パウルスは右翼騎兵、ウァロは左翼騎兵を指揮した。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。