×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーちふぁくと アーチファクト 名詞

手引/あーちふぁくと アーチファクト 名詞

手引/あーちふぁくと アーチファクト 名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーちふぁくと アーチファクト 名詞

ローソン クーポン
岩原スキー場 クーポン
リトルワールド 割引クーポン
ファーストキッチン クーポン
カメラのキタムラ クーポン
ボーリング クーポン
とくとくクーポン
運河亭 クーポン
ココイチ クーポン
八重洲コンタクト クーポン
わらわら 居酒屋 クーポン
那須どうぶつ王国 クーポン
釜寅 クーポン
ビッグエコー クーポン
道とん堀 クーポン
モスバーガー メニュー クーポン
土岐プレミアムアウトレット クーポン
徳樹庵 クーポン
ゴーゴーカレー クーポン
フレッシュネスバーガー クーポン
水春 クーポン
クーポン ケーキ
城崎マリンワールド 割引 クーポン
グランブッフェ クーポン
トクトククーポン
ほっともっと クーポン
かつや クーポン
マンマパスタ クーポン
クーポンライフ
品川近視クリニック クーポン
アオキーズピザ クーポン
姫路セントラルパーク クーポン
あがりゃんせ クーポン
美濃路 クーポン
メガネスーパー クーポン
一番カルビ クーポン
箱根彫刻の森美術館 クーポン
キャナリーロウ クーポン
ケンタッキー クーポン券
五右衛門 クーポン
クーポンの山間

ピラミッド 450


手引/
あーちふぁくと アーチファクト 名詞









手引/
あーちふぁくと アーチファクト 名詞



ヴェストファーレン体制

ヴェストファーレン体制は、三十年戦争の講和条約であるヴェストファーレン条約によりもたらされたヨーロッパの勢力均衡(バランス・オブ・パワー)体制である。日本では英語読みからウェストファリア体制とも呼ばれる。

この枠組みにより、世俗的にはプロテスタントとローマ・カトリック教会が対等となることで、政治的にはローマ・カトリック教会によって権威付けられた神聖ローマ帝国の領邦に主権が認められたことで、中世以来の超領域的な存在としての神聖ローマ帝国の影響力が薄れた。またこれに代わってヨーロッパでは、世俗的な国家がそれぞれの領域に主権を及ぼし統治することとなった。

もっとも大事なのは国家における領土権、領土内の法的主権およびと主権国家による相互内政不可侵の原理が確立され、近代外交および現代国際法の根本原則が確立されたことである。体制自体は、当時のヨーロッパ列強、フランス王国、神聖ローマ帝国、スウェーデン王国(バルト帝国)及びヨーロッパの経済大国、イングランド王国、オランダ(ネーデルラント連邦共和国)によって維持されたが、18世紀の戦争(大北方戦争、第2次百年戦争)によって形骸化し(1740年以降は、グレートブリテン王国、ハプスブルク帝国、フランス王国、プロイセン王国、ロシア帝国の五頭体制に移行する)、ナポレオン戦争をもって完全に崩壊する。

しかし、本条約の原則を基礎とする国際法は以後も継続されたため、現在の主権尊重の国際法そのものの現在のあり方を「ウェストファリアシステム」と呼ぶこともある。

近年のコソボ紛争やイラク戦争などは上記の原則を逸脱した行為であるためウェストファリアシステムの瓦解を危ぶむ声も存在する。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。