×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手引/あーがいる・ろばーとそんしょうこうぐん アーガイル・ロバートソン症候群 名詞

手引/あーがいる・ろばーとそんしょうこうぐん アーガイル・ロバートソン症候群 名詞

手引/あーがいる・ろばーとそんしょうこうぐん アーガイル・ロバートソン症候群 名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

手引/あーがいる・ろばーとそんしょうこうぐん アーガイル・ロバートソン症候群 名詞

スキー クーポン
クーポンサイト
ケータイクーポン
携帯クーポン
スキー場 クーポン
クーポン 焼肉
焼肉 クーポン
クーポン 携帯
クーポン ガスト
ガスト クーポン
ピザハットクーポン
jalクーポン
ピザハット クーポン
pizza-la クーポン
pizzala クーポン
事前クーポン
ドミノ クーポン
飲み屋 クーポン
ピザーラ クーポン
事前購入クーポン
ネイル クーポン
クーポン ネイル
居酒屋 クーポン
ドコモ クーポン
docomo クーポン
ホテル クーポン
宅配ピザ クーポン
ドンキ クーポン
ドミノ・ピザ クーポン
ドミノピザ クーポン
おとクーポン
食事 クーポン
梅の花 クーポン
クーポン 大阪
大阪 クーポン
あずさクーポン
無料クーポン
スシロー クーポン
かっぱ寿司 クーポン
新宿 クーポン
クーポンの友

ピラミッド 450


手引/
あーがいる・ろばーとそんしょうこうぐん アーガイル・ロバートソン症候群 名詞









手引/
あーがいる・ろばーとそんしょうこうぐん アーガイル・ロバートソン症候群 名詞



ムハンマド・アリー

1798年、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍がエジプト遠征を開始した。エジプトの宗主国であるオスマン帝国はこれに対抗するべくアルバニア人非正規部隊の派遣を命じ、カヴァラ市からも300人の部隊が派遣された。この部隊の副隊長として戦功を挙げたムハンマド・アリーは、6000人からなるアルバニア人不正規部隊全体の副司令官へと昇進した。 遡ってフランス軍の侵入以前、18世紀エジプトではマムルーク朝以来の支配者であるマムルークたちがエジプト総督(ワーリー)を差し置いて政治の実権を掌握するようになり、オスマン帝国からの独立を宣言するマムルークが出現するようになった。18世紀後半にはマムルークの派閥抗争に支配権回復を図るオスマン帝国の巻き返しが絡む権力闘争が展開され、エジプトの政治は混迷を極めるようになった。フランス軍が撤退し、さらにフランス軍と戦い、講和条約(アミアンの和約)を結んだイギリス軍が撤退した後のエジプトではオスマン帝国の総督および正規軍、アルバニア人不正規部隊、親英派マムルーク、反英派マムルークが熾烈な権力闘争を繰り広げた(カイロ暴動)。ムハンマド・アリーは、暴動の最中の1803年5月にアルバニア人不正規部隊の司令官ターヘル・パシャが暗殺されると後任の司令官に就任、1805年5月にはカイロのウラマー(宗教指導者)、市民からの推挙を受ける形でエジプト総督に就任した。これを追認せざるを得ないと判断したオスマン帝国は、ムハンマド・アリーを正式にエジプト総督に任命した。

1811年、オスマン帝国はムハンマド・アリーに対し、マッカを支配下に置くなどアラビア半島を中心に勢力を拡大させていた第一次サウード王国の攻撃を要請した。ムハンマド・アリーはこれを、いまだに完全に服従したとは言い難いマムルークの反乱を煽り自身を総督の座から追い落とそうとする計略であると察知し、苛烈な手段を用いてマムルークを殲滅することを決意した。3月11日、次男アフマド・トゥーソンの遠征軍司令官への任命式を執り行うという名目で有力なマムルーク400人あまりを居城におびき寄せて殺害(シタデルの惨劇)。エジプト全土からマムルークの政治的・軍事的影響力を排除することに成功した。これによりムハンマド・アリーのエジプトにおける支配権は確固たるものとなり、実質的な独立王朝(ムハンマド・アリー朝)が成立するに至った。





手引


サラエボ事件 ボスニア・ヘルツェゴビナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていた。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいた。オーストリア当局はセルビアにとり重要な祝日である聖ウィトゥスの日(Vidovdan)の6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定した。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの記念日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなった。 フランツ・フェルディナントは帝国再建の夢を抱いていたが、それは国籍の異なった諸民族が“奴隷”として一本化されるのではなく、連邦を形成するという形態を理想としていた。しかしながら、ボスニア内部のスラブ人にとって彼は抑圧のシンボルでしかなく、更に彼の暗殺を企んだ民族主義者たちにとってより巨大な「ユーゴ・スラブ帝国」を建設しようとする彼らの目論見を潰す恐れもあり、余計に憎悪されるべき存在であった。 暗殺を実行したとされる犯人グループはセルビア軍の陸軍将校を中心とした秘密組織である黒手組から拳銃と爆弾を受け取っていた。黒手組がどの程度暗殺事件に関与していたのかについては議論の余地がある。ある歴史家は暗殺事件は黒手組の計画したもので、暗殺犯たちはその実行部隊にすぎないとしている。それに反して実行犯たちは自らのイデオロギーに基づいて行動したとする意見もある。黒手組が実行犯たちに武器と自決用の青酸化合物を手渡したことには疑問の余地はない。